森林は安全な住みか?その2

森林は木の実、果物など動物の食物源に富んでおります。

その中でも特にカシの実やドングリは森林における米ともいわれております。

これらの生産量はタヌキ・キツネ・カモシカなどあらゆる森林動物に重要な影響を

与えてます。

なぜなら直接どんぐりを食べなくても、どんぐりを食べる動物を食べる動物には少なくとも

影響を及ぼすのではないでしょうか?


最後に

林業においては樹木に害を与える虫はやっかいな存在となります。
こうした害虫に対して鳥が非常に重要な役割を果たしております。
あらゆる害虫には必ず天敵として鳥や他の動物が必ずいます。
しかしこれら害虫の天敵が人間に役立つとはいっても必ずプラスとマイナスの
面もあります。

例えばスズメは米を食べるから害鳥だといわれています。
しかしそのスズメが害虫を食べてくれることがもたらす利益と比べると、
スズメの存在は人間にとってプラス面のほうがはるかに大きいかもしれません。
また森の木の実ばかり食べている鳥でも木の実を食べることで木のタネを
排泄物と一緒に遠くへ運び、そこに蒔く役割を果たしています。

--------------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
---------------------------------------------------------------------------------------
                           by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-03-04 12:50 | 森林の動物・昆虫
<< 第4回 センダン 森林は安全な住みか?その1 >>