日本の森林

みなさん、日本は多種多様な森林に恵まれた国です。


なぜ多種多様な森林があるのでしょうか?

たとえば

・南北に長い国土で、北と南でかなりの温度差があること。

・国土が狭いながらに3000m級の山があり地形も複雑であること。

・本州中央部の山脈により日本海側と太平洋側に分かれていること。

以下、日本の森林を大きく分類すると


温度で見た場合 高い→低い

(亜熱帯)  (暖温帯)   (冷温帯)    (亜寒帯)    (寒帯) 
多雨林 → 照葉樹林 → 落葉広葉樹林 → 常緑針葉樹林 → 低木林


標高で見た場合 低い→高い 

(亜熱帯)  (低山帯)   (山地帯)    (亜高山帯)   (高山帯) 
多雨林 → 照葉樹林 → 落葉広葉樹林 → 常緑針葉樹林 → 低木林 


以上のように日本全体の森林を見るには

気候で分かれる(水平分布)と標高で分かれる(垂直分布)が基本のようです。
f0062972_23574069.jpg


こちらのサイトでさらに詳しく!!
みんなの森
N.W.森林(もり)いきいき


--------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
--------------------------------------------------------------------------------
                              by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-02-07 23:59 | 森林のしくみ・生態・生活環境
<< 第1回 センノキ 世界の森林 >>