日本の植物

 日本は雨量が多く、雨量だけの比較においては地域的な差はありません。

日本の植物は、ほとんどが温度によって植物分布を左右しています。

植物の分布には、水平分布と垂直分布があります。

気候帯別には、熱帯・暖帯・温帯・寒帯に分かれます。

前回、日本の森林でも掲載したことと若干重複しますが、
以下が区分した場合です。


亜熱帯 ・・・小笠原諸島、奄美大島以南で木生シダ類、ガジュマルなどが分布。

暖帯 ・・・九州、四国の低い山地や平地、本州中南部のおよそ北緯38度以西
      の地域。
      クスノキ・タブノキ・スダジイ・カシ類など常緑広葉樹が多数分布。

温帯 ・・・九州および四国南部の海抜1000~1500m以上の山地、本州の
      平地は北緯38度以北から、北海道西南部、十勝平野南部の低地に
      及ぶ。
      ブナ・ミズナラ・カバノキ類・カエデ類など落葉広葉樹が分布。

亜寒帯 ・・・四国の海抜2000m近くの高山、本州では近畿、中部地方の標高
       1500~2000m以上の高山、東北地方の1000~1500mの山地、
       北海道では一部を除いて平地から亜寒帯になる。
       シラベ・トウヒ・トドマツ・エゾマツなどの針葉樹、ダケカンバ・
       ウラジロナナカマドなどの落葉広葉樹が分布。

寒帯 ・・・日本では平地には存在しない。
      寒帯は本州中部地方の標高2500m、東北地方の約2000m、
      北海道の1500m以上の地域を指す。
      ハイマツ、タカネナナカマドなどの低木が生え、高木は見られない。

また日本付近の植物分布を区分けする分布線もあるようです。
それらは ブラキストン線・黒松内低地線・牧野線・田代線 とよばれるようです。 


こちらのサイトでさらに詳しく!
日本の植物たち
こちらのブログで植物の写真をさらに
かうちぽてとガーデン

---------------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
---------------------------------------------------------------------------------------
                           by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-02-15 20:10 | 森林の植物
<< 森林動物の分布 土場 >>