<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第6回 イチョウ

f0062972_1358226.jpg


イチョウ科のこの樹は私達になじみが多く、我が国の街路樹本数トップ。

また、神社・お寺・公園・などに多く植えられ秋に黄金色になる扇形の葉は誰もが

一度は拾って押し葉にしたことがあると思います。

この木は樹高40~50m、直径5m程になる大木でよく目につき九州では山の中にも

よく見かけますが元来日本には無い木で中国に生育していたものが室町時代か

鎌倉時代に渡来したものです。

現在では多くの国々で街路樹として多数植えられていますがヨーロッパには1694年に

日本から渡りアメリカへは1784年にヨーロッパから渡りました。

この木には雌雄があり、ぎんなんを取るには雌木を植えますが、街路樹にするときは

道路へ実が落ちるのを避けて雄木が植えられます。

イチョウは葉が扇形で一見広葉樹のように思われますがこの木はスギやマツ類と

同じ針葉樹なのです。

またこの葉をしおりとして書籍の間に入れておくと紙魚(しみ)がつかないそうです。

ほかには種子の内部の堅い殻に包まれた部分がギンナンで焼いたり、または

茶碗蒸し・おでん等によく使われます。

樹は街路樹、造園木として多く利用され材は工作し易く、仕上り表面に光沢があり

水湿にも強く、耐久、保存性が高く、器具材・鉛筆材・漆器木地・彫刻・版木・木魚

天井・床板・仏壇等に使用され特殊なものに碁・将棋盤・将棋駒・そろばん玉・まな板に

活用されます。

---------------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
---------------------------------------------------------------------------------------
                           by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-04-18 19:30 | やさしい樹の知識

食物連鎖

食物連鎖とは・・・・・・

自然界の生物は,お互いに喰うか,喰われるかの関係で関連しあっている。

このことを食物連鎖と呼びます。その中で,栄養(エネルギー)を作る生物を生産者,

それを利用する生物を消費者と呼んでいます。

ここでいう生産者とは,食物連鎖におけるエネルギーを作り出している生物のことです。

それは,太陽の光を受けデンプンなどをつくる植物です。

植物を食べて生きている草食動物や,その草食動物を食べる肉食動物が消費者です。

以下、簡単なイメージをご覧ください。

f0062972_18555551.jpg



---------------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
---------------------------------------------------------------------------------------
                           by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-04-13 19:42 | 森林のしくみ・生態・生活環境

木材チップ

木材チップとは・・・・読んで字のごとく木材を破砕してチップ化したものです。

主に紙の原料として利用されております。

他の用途としては 舗装用の原料・敷料の原料・繊維板の原料 などに利用されます。

また木材チップを生産すると樹皮が発生します。

それらはバイオマス燃料・堆肥の原料などにも利用されております。

下図は私が昔作った、木材チップのフロー図であります。

f0062972_17172996.jpg


土場についてはこちらへ

---------------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
---------------------------------------------------------------------------------------
                           by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-04-11 19:48 | 森林・林業用語

集材


f0062972_18342988.jpg


集材方法は、作業の規模、地形条件、使用する機械、作業者の技能によって

選択します。

以下、いろいろな集材方法の特徴をまとめてみました。


人力集材・・・・人の力で丸太を担ぐ・転がす・引っ張るなどして材を集める。

畜力集材・・・・馬を使って、地引で、またはソリに載せて材を引き出す。

農機集材・・・・農業機械を利用して集材する。

滑路集材・・・・人口シュラを架設して、丸太をこれに入れて自重で滑らせて集材する。

モノレール集材・・・・モノレール運搬装置を林業用に改良したものを用いて集材する。

林内車集材・・・・集材のために作られた林内作業車を使った集材。

架線集材・・・・大規模な集材に使われる大型架線、比較的細いワイヤーロープを使った
         短距離の集材に使われる簡易架線、主として間伐用のモノケーブル式
         架線など。

トラクタ集材・・・・トラクタで材を索引して集材する方法。

ヘリコプタ集材・・・・林道から遠い林地からの搬出にヘリコプタを利用する方法。

---------------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
---------------------------------------------------------------------------------------
                           by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-04-07 19:59 | 森林・林業用語

里山林とは?

f0062972_16593398.jpg


 日本では2000年ぐらい昔からいわゆる農耕文化が始まっているといわれてます。

この頃から人間が集まって住み、集落も大きくなり、田や畑などの農地をつくり、

集落で定住生活をするようになったようです。

農耕生活をするためには、まず農地が欠かせなくなります。

そして農地とするための土地を得るためには、森林を切り開かなければいけなくなります。

当時の集落における生活を想像してみると・・・・


農地がつくりやすい平地の森林が切り開かれ、畑や田を造成。
                ↓
農地の傍らに集落をつくり、定住。
                ↓
・農地で農耕に営む。
・生活として木材を利用。(家、農耕・狩猟用具、生活用具)
・燃料として木材を利用。(煮炊き、暖炉、陶器)

まあ簡単な説明ですが、当時の人々の生活には、森林は欠かせない存在だったといえます。

以上、里山林と呼ばれる林はこのような使われ方をされていたと思います。

私が里山林をイメージするとまず思い出すのは、祖父の田舎にある薪風呂でしょうか?


さらに里山の魅力についてはこちらのブログをご覧下さい。

里山’s Bar ~おおのたまらん!土佐の山・里~

---------------------------------------------------------------------------------------
どうもありがとうございました。
ただいま人気blogランキングへ参加いたしております。

ぜひこのブログを多くの方に読んでいただきいと思われましたら
以下、クリックいただけば幸いでございます。

人気blogランキングへ投票する
---------------------------------------------------------------------------------------
                           by 森の案内人
[PR]
by forest-worker | 2006-04-03 19:28 | 森林のしくみ・生態・生活環境